昨日は、比叡山の麓でPEPセッションでした。

27972018_1552589878152595_1759838030179993284_n

おはようございます!
昨日は、比叡山の麓でPEPセッションでした。その中で岩田洋治先生が経済産業省の若手官僚チームがまとめて昨年5月にホームページにアップされた「不安な個人、立ちすくむ国家」の話をされました。実は昨年6月にこの「不安な個人、立ちすくむ国家」でまとめられた内容についての勉強会があって存在は既に知っていました。その当時で国のホームページに掲載されたものとしては異例のダウンロード数(確か20万ダウンロード?)を記録していたはずですが、今や150万ダウンロードを超えたとのこと。そして、ついに書籍や漫画にもなって出版されました。国民の関心の高さを感じます。

この中身について賛否両論あるようですが、若手官僚が自分たちへの反省も込めて本気でまとめた内容になっていると率直に感じました。そして、その危機感に共感しました。権威が規律の「組織中心社会」→個人の決断やリスクテイクに依存する部分が増大した「個人中心社会」へと移行し、自由だが不安な状態が今の日本だと位置づけられています。

では、今後はどんな社会を創っていくべきなのか?経済産業省の若手官僚でも未だに「◯◯社会」という明確な答えは持ち合わせていないようですが、「個人が安心して思い切った選択ができる社会」というイメージは持っているようです。これは正に岩田洋治先生の父、岩田静治先生が30年前にKBS京都のテレビ番組で提唱された「第1フェーズ」「第2フェーズ」「第3フェーズ」の理論と大きく符合するのが驚きです。我々には、新しい社会=「第3フェーズ」を「共創」していくことが求められているのだと改めて感じた次第です。

今日は大雪アゲインだそうです。こちらも時折、激しく雪が降っています。昨日乗った特急サンダーバードも今日は運休です。連休の観光客の足にも影響がありますね。

皆様、今日も自分のエネルギーを生きるドキドキワクワクの一日を!