昨日は、東京から戻って山のように積まれた決済書類と格闘しました。

23559636_1469248323153418_1851650260691129852_n 23561607_1469248329820084_856778925290938565_n 23517707_1469248363153414_9145000413731355763_n 23622044_1469248369820080_2047509832155557241_n

おはようございます!
昨日は、東京から戻って山のように積まれた決済書類と格闘しました。素早い判断と重い決断が求められる案件もあり、ただハンを押せば良いというものではありません。決済で気をつけているのは、分からないことや疑問は必ず確認することです。知ったかぶりや知ってるつもりが一番危険です。経営者は「知ってる 持ってる ボク出来る」では無く「やってる 使ってる 楽しんでる」という意識が大事ですね。

70歳以上の中小企業経営者は、245万人(およそ6割)もいらっしゃるそうですが、その半分が後継者がいないそうです。これは大きな経済損失に繋がります。市場に流通しない自社株式への相続税や債務の個人保証が事業承継の大きなボトルネックになっているようですが、先日の鈴木宗男先生との中小企業政策に対する意見交換の場でも金融庁が個人保証を取らないように指導していても、今も現場では相変わらず個人保証が当たり前のように推移している点が話題になりました。この辺りを変えないと後を継ごうという後継者や起業しようという若者は躊躇するんだと思います。20年前、自分も大きなリスクに震えながらも後を継ぎましたが、厳しい現実に何度も打ちのめされました。現在、こうして会社が継続出来ているのは運が良かったとしか言えないですね。そんな事業承継で苦しむ若者たちを少しでも減らしたいと思います。

今日もあれこれ責任ある仕事が待っています。今ここにベストを尽くして結果を出す一日を!