平成27年に30周年を迎えた昭和シェル石油の30周年史が届きました。

19959242_1363057953772456_2519830803477678599_n 19895034_1363057950439123_6571856315820330304_n 19959421_1363057960439122_4794278033746196090_n

おはようございます!
平成27年に30周年を迎えた昭和シェル石油の30周年史が届きました。出光石油との合併交渉が創業家との確執で暗礁に乗り上げているような状況ですが、この30年史を読むと企業努力をして来た軌跡を改めて知ることができます。まだ途中までしか読んでいませんが、このような企業史は今後の戦略を知る上でも興味深いですね。

さて、かつては有力政治家や大手企業などが接待や会合に使った赤坂の有名な料亭「口悦」がその歴史に幕を閉じたというニュースを少し前に聞きました。自分も何度か代議士秘書時代に代議士を送迎するために行ったことがありますが、また歴史に名を残すお店が姿を消したということですね。寂しいですね。

その料亭ですが、自分がちょうど代議士秘書として働いていた1992年と比較すると昨年の数字で28%も売上がダウンしているんですね。接待自体の売上は、4年連続で上昇して3兆4,838億円になっているそうですから東京の景気は確かに良くなっているんでしょうが、長いデフレ経済の影響で接待も節約志向になっているのでしょうか?

金は天下の回りもの。経済は回ってこそ人々を潤します。今日も地域経済が回ることを意識する一日を!