昨日はギックリ腰を押してホテルグランテラス富山で開催された小規模企業振興基本法制定3周年記念「とやまの新時代を切り拓く商工会富山県大会」に出席しました。

19437591_1347816075296644_2061928006780007814_n 19247626_1347816078629977_4810859249116312849_n 19510268_1347816085296643_6906449093973444919_n 19511300_1347816081963310_1346607144065699216_n

おはようございます!
昨日はギックリ腰を押してホテルグランテラス富山で開催された小規模企業振興基本法制定3周年記念「とやまの新時代を切り拓く商工会富山県大会」に出席しました。小規模企業振興基本法が制定されるまでのご労苦に対して心から敬意を表すると共に、石澤会長のリーダーシップが無ければ制定に至ることは無かっただろうとその存在感にも改めて敬意を表します。

松村経済産業副大臣が何度も仰っていましたが、この法律は使ってなんぼであり、悪いところをどんどんフィードバックして一層良い法律に育てていくことが大事であると。その橋渡しとしての商工会の役割を改めて自覚させていただきました。

大会に先立って行われた(株)ジャパンフラワーコーポレーション松村副社長の「農商工連携の取組と海外展開」の講演と松村祥史経済産業副大臣の「小さな企業に光をあてる〜今、とわれる商工会の役割とは〜」の講演はとても良かったです。いい刺激と勇気をいただきました。

弊社は、どちらかというと小規模企業というよりは中規模企業に近いと思いますが、地域社会を支えているのは圧倒的に小規模企業です。大企業はたったの0.3%のみ。99.7の中小企業のうち、その85%が小規模企業なんですね。ここに光を当てることは地方創生にとって欠かせないことです。小規模企業振興基本法によって具体的な成果が上がっていることを実感しました。

根拠の無い悲観論に頭を支配されること無く、冒険・挑戦することを意識した一日を!