近年、読んだ小説の中ではピカイチに面白かったのが、出光興産の出光佐三氏をモデルとした百田尚樹さんの「海賊とよばれた男」です。

15380625_1152597151485205_8703104064491882377_n

おはようございます!
近年、読んだ小説の中ではピカイチに面白かったのが、出光興産の出光佐三氏をモデルとした百田尚樹さんの「海賊とよばれた男」です。百田さんの処女作「永遠のゼロ」も感動的な素晴らしい作品でしたが、自分にとっては「永遠のゼロ」を凌ぐ快作だと感じました。日本人としての誇りを感じて胸が熱くなるストーリーです。

その「海賊とよばれた男」が映画化されて上映されるんですね。楽しみです。主演は「永遠のゼロ」と同じくV6の岡田准一さん。宮藤官九郎さんの「木更津キャッツアイ」の頃からいい役者だと注目していましたが映画にドラマに大活躍中です。彼の目がいいですよね。

今、出光興産は昭和シェル石油との統合が経営側と創業家との意見の相違で暗礁に乗り上げた格好ですが、たとえ統合したとしてもこの小説で描かれている唯一の民族系である出光興産の理念が失われないことを祈りたいですね。そうそう、出光創業家側の弁護士として、かつて衆議院議員として活躍していた浜田卓二郎氏が久しぶりに表舞台に登場しましたね。懐かしいお顔を拝見しました。

今日も誇りを持てる美しい国づくりに情熱をかける一日を!