日露首脳会談まであと2週間に迫りました。

15267560_1145744008837186_3466027812218560363_n 15253474_1145744012170519_1341010060100807993_n

おはようございます!
日露首脳会談まであと2週間に迫りました。はたして北方領土問題に進展があるのか?が焦点の一つですが、それについて元ボス鈴木宗男新党大地代表がテレビのニュース番組で語っていました。

戦後70年間進展が無かった問題ですから、もちろん簡単な問題ではありません。しかし、鈴木宗男新党大地代表の講演を何度も聴いて来た者として安倍-プーチンの日露首脳会談が大きなチャンスであることも間違い無いと感じます。何とか少しでも前進して欲しいと願ってやみません。

さて、南砺市にとって朗報がありました。ユネスコの無形文化遺産に、富山県では「高岡御車山」「魚津たてもん」と並んで南砺市の「城端曳山」が登録されました。18府県33件が一括で登録されたものですが、とても嬉しいですよね。市長にいただいた名刺には既に「祝!ユネスコ無形文化遺産登録」との文字が!(笑)

数年前、城端の寿司恵さんからご招待を受けて城端曳山祭りに参加させていただきました。とても感動したことを覚えています。しきたりを知らなくて寿司恵さんには失礼したと思いますが、大変素敵な経験でした。富山県南砺市は奥が深いです。

「駅不易」という言葉があります。変えていいものと変えてはいけないものがあるという意味ですが、各地域に残る伝統文化は継承していかなくてはなりません。それが日本の、そして地域のアイデンティティですから!
今日も変えて良いもの、いけないものを見極めて何が大切か?の本質を間違えない一日を!