昨日は、弊社協力会アルカスグループ協栄会ボウリング大会が高岡市のマンボウで開催されました。

15027622_1128270270584560_8558847589587498616_n 15078648_1128270277251226_8799381558222288472_n 15134610_1128270323917888_4404331632723653771_n

おはようございます!
昨日は、弊社協力会アルカスグループ協栄会ボウリング大会が高岡市のマンボウで開催されました。アルカスグループの社員を含めて132名が参加し、楽しくプレーしました。

アルカスグループでは、協栄会の企業との接点を大切にしています。インフォーマルな場は相手との距離を短くしてくれます。大事なコミュニケーションの場だと感じています。昨日も総務部の方々の尽力で楽しいボウリング大会となりました。お世話いただいた全ての人に感謝申し上げます。

人手不足が顕著な建設業。協力会を含む協力業者のご尽力で短い工期でも現場を遅らせること無く、お客様に喜んでいただける仕事が可能になっています。現場によっては、短工期と人手不足、天候などの条件により、とても負荷がかかっているところもあります。会社としては今後も現場代理人や現場職員、協力業者の職人さんが共にイキイキと働ける環境の実現に施主様にご理解とご協力を得られるよう努力して参ります。

「働く」とは「はたを楽にする」つまり、周りを楽にすることとよく言われますが、他人や環境のせいにするような空気感を無くして周りを楽にするという意識を現場が創り出せるか、その仕事は「何の為」にあるのかを各自が意識して働く現場の実現が結果的にいい仕事に繋がると確信します。今後も経営理念、社訓の浸透に一層努力し、それと同時に人としての成長の機会も作り続けていきたいですね。「盥(たらい)に一滴の水」。今日も各々が昨日より盥に一滴の水のような僅かでも成長していけるような企業の実現を目指す一日を!