昨日は、富山県知事選の石井たかかず候補個人演説会が南砺市福野体育館の会議室で開催されました。

14702254_1091270117617909_8141425108600178109_n 14690864_1091270124284575_1591532396351954165_n 14713697_1091270187617902_7416138910974752165_n

おはようございます!
昨日は、富山県知事選の石井たかかず候補個人演説会が南砺市福野体育館の会議室で開催されました。建設業界を代表して応援の弁を述べさせていただきました。特に、福野地域には、福野町時代からの懸案事項である百町二日町線の立体交差、川崎橋の架け替えなどがまだ手付かずです。その早期実現を訴えさせていただきました。

石井候補の3期12年の実績は、申し分の無いものです。特に財政再建に着手しながらバランス良く多くの政策を実現されて来た手腕はさすがに総務官僚出身だと思います。特に開通して1年7カ月が経った北陸新幹線に関しては、1/3が地元負担。当初の負担額が2,300億円だったものを石井候補は、大幅な圧縮に成功したんですね。これは石井候補でなければ出来なかった事だと言われているそうです。今後も新幹線の開業効果と政府の地方創生戦略を組み合わせて「人が輝く元気とやま」の実現に引き続きご尽力をお願いしたいと願っております。

これからの社会資本整備は、高齢者に優しい高齢化対応のインフラへの切り替えや、温暖化で増えるゲリラ豪雨やハリケーン級の大型台風に強い街づくり、日本各地で起こる大型地震に強い街づくり、インバウンドの観光客を含め観光客に魅力的なインフラづくり、自動運転車の時代に対応する道路インフラへの切り替えなど新しい時代に入ると予想されます。そんな新しい時代のインフラづくりに維持管理の視点も含めて貢献していきたいですね。

今日も明確なビジョンを持って潜在意識に浸透させるほどの熱意で実行する一日を!