昨日は、第8回南砺市商工会会員交流大会が開催されました。

14494633_1087840994627488_8389428020837547260_n 14570327_1087841007960820_5091568656897299835_n 14563305_1087841021294152_4331693815690383092_n

おはようございます!
昨日は、第8回南砺市商工会会員交流大会が開催されました。第一部は、優良従業員表彰。南砺市内の事業者から推薦のあった52名が表彰されました。1枚目の写真は、その優良従業員表彰の記念写真の模様です。優良従業員表彰を受けられた方々には誠におめでとうございます。

第二部の記念講演には、かつてテレビにもよく出演されていた東北福祉大特任教授、県立広島大学客員教授の福岡政行氏でした。先日、講演を聴いた元経産官僚の古賀茂明氏と同じく、保守というよりはリベラルな思想の持ち主のようで、現政権には批判的な発言が目立ちました。一方で今の民進党など野党も全くダメと一刀両断でした。次期総理総裁候補についても人材がいないとばっさり切り捨て。人口が減っていく日本では、各地域で10年後、20年後を見据えて知恵を出していくしか無いというような結論でした。消化不良のような内容でしたが、まあ、万象我が師。各地域で現実を直視し、長期的な視野で今から出来ることに着手せよ!ということでしょう。

福岡政行氏の話の中でも触れられましたが、元ボス鈴木宗男新党大地代表が力を入れている北方領土問題。先日の「鈴木宗男・鈴木貴子を叱咤激励する会」でも今回は動くと言われていました。福岡政行氏の見立てでは、二島先行返還というより「面積半分」になるのではないか?ということでした。これは重要な情報だと思います。北方領土問題の進展に期待したいですね。

今日は、これからライオンズクラブの奉仕活動(美化活動)に参加します。周囲をきれいな環境にすることは運も良くします。皆さんも環境整備に意識を向ける一日を!