昨日は、幾つか仕事を済ませた後、友人と友人の娘さんと合流して無期限活動停止を表明したロックシンガー氷室京介さんのLAST GIGS東京ドーム最終日に参戦して参りました。

13240657_978904078854514_7513688124588062637_n 13244801_978904088854513_207464549859249905_n 13238958_978904112187844_1223860762797393516_n

おはようございます!
昨日は、幾つか仕事を済ませた後、友人と友人の娘さんと合流して無期限活動停止を表明したロックシンガー氷室京介さんのLAST GIGS東京ドーム最終日に参戦して参りました。

学生時代にBOOWYと出会い、それ以来ずっと聴いて来た氷室京介さん。経営が上手くいかない時、人間関係に苦しんだ時など長年励まされて来たのが自分にとっては矢沢さんであり、浜田省吾さんであり、氷室京介さんでした。そんなことからもこの度の氷室京介さんのLASTGIGには寂しさと期待が入り混じった複雑な気持で乗り込みました。

美しい照明とドーム球場でありながらかなり見事な音響でクオリティーの高いエネルギーに満ちたLIVEだったと思います。シークレットゲストの登場はありませんでしたが、ストイックに音楽を追求して来た氷室京介さんの35年の集大成に相応しい凛としたLIVEでした。何か一つのことを極めた男の清々しい美しさみたいなものを感じましたね。

さあ、今日はこれから富山に戻り、公益社団法人砺波法人会の総会に出席します。表彰をいただけるということです。感謝です。
今日も何か一つでもいいから極めるという視点でチャレンジする一日を!