バスケットボールbjリーグは、15日に11年の歴史の幕を閉じました。

13254609_975995842478671_1152750656832628170_n 13245289_975995829145339_5890950351959273442_n 13239893_975995885812000_1356597664904915443_n 13245380_975995902478665_8413606853968430013_n

おはようございます!
バスケットボールbjリーグは、15日に11年の歴史の幕を閉じました。ファイナルは、東地区を制した富山と西地区を制した琉球の対戦となりました。1万1,000人の観客が聖地有明コロシアムに集まったそうです。弱小チームだった頃から応援して来ただけに富山の優勝を願っていましたが、優勝経験のある琉球は強かったですね。残念です。来年からは新しいリーグでの新たな闘いが始まります。改めてやればできる!を富山グラウジーズから学ばせていただきました。富山グラウジーズの益々の活躍を期待します。

さて、春の東京六大学野球は、明治と立教の優勝争いとなりました。勝率では上回る立教ですが、勝ち点で明治に劣ります。直接対決で優勝が決まります。本音でたまには立教が優勝しないと面白くないだろ(笑)と感じます。野球部の皆さん、久しぶりの優勝に向けてがんばって下さい!

寒暖差が激しいからか、風邪をひいてしまいました。昨日より症状は少しマシになって来ましたが、こうして健康を害すると健康の有り難みを実感します。友人の中にも難病と日々向き合っている人たちもいますが、皆さん「犠牲者」になること無く、現状を承って生きておられる姿にエンパワーされます。

今日も現状を承って問題を課題化して一歩一歩確かな前進を続ける一日を!