一昨日に引き続き昨日も凄い風でしたね。

13102663_967543209990601_9137505968676312375_n 13118960_967543199990602_3743574310248579403_n 13177666_967543233323932_2306095098911093339_n 13087814_967543226657266_1099736146966151578_n

おはようございます!
一昨日に引き続き昨日も凄い風でしたね。自宅の敷地内にある弊社倉庫から資材が散乱したり、庭木の枝が折れて飛び散るなどの被害がありました。その片付けに一苦労の一日でした。

今回も飛行機の便や鉄道にはかなり影響が出たようです。北陸新幹線が通常通りに動いてくれたのでまだ良かったですが、ゴールデンウィークの大型連休を直撃したことから観光への影響も大きかったと感じます。大自然の前には人は非力ですよね。

さて、5年前の東日本大震災で津波の大きな被害に遭った気仙沼市。私も震災から1年くらいの時に視察に訪れていますが、とても酷い状況でした。その気仙沼市で観光地の経営を担う組織(DMO)が「よそ者=民間企業出身者」の視点で気仙沼の水産業を観光資源として活用し、生のキッザニアのような職業体験型のテーマパーク構想を推進しています。まさに子供たち、家族連れに生の体験と食を通して気仙沼を楽しんでもらう構想ですが、これはなかなか魅力的です。よく「よそ者、ばか者、若者」と言いますが、やはり、組織内に異質な視点を取り込むことの大事さを改めて感じた次第です。

リーダーシップとは、新たなリーダーシップを創ること。今日も異質な視点を排除することなく、引き出すことを意識した一日を!