昨日は、協同組合南砺建設業協会の第53回の通常総会と富山県建設業協会砺波支部の第63回通常総会がオークス砺波平安閣で開催されました。

10357121_921248687953387_4306998505781026249_n 10432111_921248697953386_8548657675385625900_n

おはようございます!
昨日は、協同組合南砺建設業協会の第53回の通常総会と富山県建設業協会砺波支部の第63回通常総会がオークス砺波平安閣で開催されました。砺波、南砺の両市長をはじめ、県議会議員、砺波土木センター、砺波農林振興センター所長などたくさんのご来賓にもご出席を賜りました。

懇親会冒頭の藤井支部長の挨拶にもありましたが、先進国の中で社会資本整備の予算を削り続けているのは日本くらいであり、それが経済成長を阻害しているのはイギリスやアメリカとのデータ比較でも明らかです。

かつて「コンクリートから人へ」というキャッチコピーを使った政権がありましたが、その政権下で起こったのが東日本大地震でした。災害大国日本とも言われるくらいに大地震、豪雨などの被害に遭う日本。国民の命を守り、経済成長に効果のある社会資本整備に対する認識をもう一度高める時期に来ていると確信します。

今日もドキドキワクワクした生きている実感を持って充実した時間を過ごす一日を!