日曜日にNHK「新・映像の世紀」を観ました。

12573145_906668229411433_1526549504606543152_n

おはようございます!
昨日は、朝から1時間除雪をしてから会社に向かいましたが、結局朝礼には間に合わず(>_<)。前輪駆動車は、後輪駆動車より雪に強いのですが、以前乗っていた四輪駆動車ほどは強くないですね。ちょっと楽観し過ぎでした。準備の重要性を再確認させていただきました。ちょっと筋肉痛(苦笑)。
さて、日曜日にNHK「新・映像の世紀」を観ました。見応えがありました。冷戦時代以降の米ソの資本主義と社会主義の勢力争い…。スパイを使った情報戦がキューバ危機の核戦争回避に繋がったり、CIAのスパイがイランの政府転覆を成し遂げたりした事実が淡々と語られました。アメリカのオバマ政権の弱腰外交によって再びロシアが世界でその存在感を示そうとしている中、とてもタイムリーな番組だったと感じます。世界は多くの日本人が考えているほど甘くないということです。NHKはコンメンテーターなどが余計な感想などを述べない方がいいですね。
寒波のピークは過ぎましたが、今朝もかなり冷え込んでいます。皆さん、今日もアラートに運転する一日を!