昨日は、富山県道路使用適正化協会南砺支部(支部長 岩崎弥一)の安全講習会が開催され、約60社の会員が参加しました。

12241370_873716216039968_3450784042183587199_n

おはようございます!
昨日は、富山県道路使用適正化協会南砺支部(支部長 岩崎弥一)の安全講習会が開催され、約60社の会員が参加しました。富山県警察本部と南砺署から講師を招き、道路における安全な現場運営実現の為の重要なポイントを学びました。また、弊社アルカスコーポレーション株式会社と株式会社羽馬の2社が表彰を受けました。これを励みに一層の適正な道路使用を心掛けて安全な現場運営を目指して努力します。ありがとうございます。
今年の富山県内の交通事故の状況ですが、全体数は年々減少傾向にあり、そこはいい傾向だと思います。しかし、一方で60名を超える死亡事故が発生しており、富山県警察本部も危機感を強めています。そのうち65歳以上の死亡事故が43件発生しており、なんと43件中33件が85歳以上。被害者も加害者も高齢者が増えているとのことです。我々の道路での現場運営も高齢者に優しい解りやすいものが問われていると感じます。
今日も人々の安心安全に配慮し、幸せな社会の実現に意識を向ける一日を!