昨日は、富山県土木部幹部と富山県建設業協会砺波支部役員との意見交換会が行われました。

11225351_873277502750506_4982695164224543390_n 12227091_873277519417171_6778882662258358483_n 11220947_873277536083836_6109328773775616938_n 12249727_873277552750501_6337355396434223503_n 12227790_873277576083832_5315428208325057243_n

おはようございます!
昨日は、富山県土木部幹部と富山県建設業協会砺波支部役員との意見交換会が行われました。先日、東日本建設業保証株式会社が発表した統計に拠ると富山県の公共工事の減少率が前年比30%に。全国でも大きく落ち込んだ県の一つになったことで硬いムードの意見交換会になりました。平成27年度補正予算と平成28年度本予算で公共事業をどう確保するのかが富山県の課題ですし、業界にとっては発注の平準化と地域格差の是正が健全な経営には欠かせません。県土木部と業界が逞しく繋がり、安全安心な人の命を守るインフラ整備の実現に正に「共存共栄」していく意識が大切だと強く感じた次第です。
さて、先日録画した「プロフェッショナル仕事の流儀」を観ておりました。TSUTAYAを展開する増田宗昭さんでした。かつてディレクTVで失敗して200億円の借金を抱えたところから這い上がった男には強さと優しさがありました。実は19年くらい前に直接お会いしたことがありますが、その頃からあまり印象は変わらないです。常にお客様目線。誰もやらないようなことだからこそ事業…。いい勉強になりました。
今日も感性を若々しく保つことを意識した一日を!