昨日は、国立台北科学技術大学とビオトープの実例を2件視察しました。

12020010_846953745382882_5044302836253618312_n 11988752_846953752049548_4533072930936287386_n 11891212_846953795382877_5875082343994197449_n 11986442_846953798716210_8392629546982446590_n

おはようございます!
昨日は、国立台北科学技術大学とビオトープの実例を2件視察しました。台北科学技術大学では、蔡仁恵教授のプレゼンテーションをお聴きしてディスカッションをした後、大学構内のビオトープを視察しました。台北市の中心部にある大学構内や大通りに面した歩道との境に魚やメダカが生息する水路や壁面緑化、透水性舗装を利用して集めた雨水を再活用した池などが作られていました。蔡教授によると、ビオトープの一番の問題は行政側の理解が足りないことだそうで、諦めずに理念を訴えて行くことが大事だということでした。問題点は日本と全く同じだと感じた次第です。その後、2件のビオトープの実例を視察しました。
今日は、台中市に移動してビオトープの実例を視察する予定です。初の台中市への訪問になります。楽しみです。
今朝、東京地方に大きな地震があったようですね。大きな被害が無いことを祈ります。昨日も書きましたが、日本は国民の命を守る国土強靭化の理念を今こそもう一度思い起こす時でしょう。
今日も元氣で笑顔が溢れる一日になりますよう祈念します!