「はま寿司」のコストパフォーマンス

14045_764395033638754_8098182635981628759_n

おはようございます!
昨日は、弟と共に金沢に仕事があって行って来ましたが、仕事を終えて昼食に「すき家」で知られるゼンショーが経営する「はま寿司」へ。高岡駅南にある「すし食いねぇ」はお気に入りでたまに行きますが、普段ほとんど廻る寿司へ行くことはありません。しかし、食に関しては信頼の置ける弟が連れて行ってくれるというので期待していきましたが、その「はま寿司」のコストパフォーマンスの高さには驚きを隠せませんでした。さすがに有名寿司屋のようにはいきませんけど、それでもかなり美味しいですし、醤油も何種類かある中から選べます。ブラック企業と叩かれたゼンショーですが、このシステムの見事さは認めるしかありません。凄い企業努力だと…。しかし、このタッチパネルは、慣れるまで大変です(苦笑)。しかも、寿司屋の大将との会話とかヒューマン的なコミュニケーションは皆無ですけどね。
また、砺波信用金庫のとしん会総会の二次会で、ある企業の社長さんが参加者にアイスクリームをセブンイレブンで買って振舞ってくれました。それが桜風味の「雪見だいふく」でした。これがまた美味…(笑)。これも企業努力ですよね。
今日も外部環境のせいにする前に自社で出来ることを考える一日を!