マイバッハ復活!

10953375_759487134129544_1862734647110568523_n

おはようございます!
3月ですね。本格的な春がやって来ます。それと同時に、昨年4月の消費増税で腰折れしていた景気も回復を見せています。企業の中にもデフレ時代とは違った戦略を模索する企業が増えているようです。例えば、輸入高級外車のダイムラーベンツは、上位モデルで2,600万円台のマイバッハを復活させましたし、ベントレーとマセラティは、2,000万円を切る価格の超高級車をラインアップしました。それだけ海外は日本の景気回復、デフレ脱却に期待しているということですね。
アベノミクスの第一、第二の矢が放たれて円安、株高になって日本の株式市場が5割上げた時、そのタイミングを逃さなかったのは外国人投資家だったと言われています。日本には、年金基金の株式投資枠に規制(12%)があり、株高によってその枠を超えそうになった為に、株式市場が上昇局面にあった時に買えずに売っていたのだとか…。それがGPIFの株式比率を高めなければならないという規制緩和議論に繋がったみたいです。
今回の景気上昇局面では、ぜひとも日本の投資家も機会損失を起こすことなくしっかり果実をものにして欲しいと感じます。それがひいては国民の生活にもプラスになるのです。
さて、今日はこれから全体朝礼です。第1四半期の最後の一カ月です。我々もマクロ経済の動きをしっかり意識して経営の舵取りをしたいと感じます。さあ、ドキドキワクワク感を持ってイキイキと働く一カ月のスタートを!