政治理念や目指すべき国家観に沿った政治を期待

おはようございます!衆議院総選挙の結果が出ましたね。小泉進次郎氏も言ってましたが、どの党にも風が吹かなかった選挙であるとの印象を受けました。過去2回の衆議院総選挙とは中身が違うと思います。
結果的に圧勝の自民党ですが、総裁も幹事長も浮かれたところは一つもなかったと思います。民主党の政権運営があまりにもめちゃくちゃだっただけのこと。ベストというよりベターの選択の結果だという自覚が自民党にあるということだと思います。自民党には、3年以上の野党時代の反省をぜひこれからの日本の為に活
かして欲しいと願います。
今回、私が重視した政治理念、目指すべき国家観が一番明確だったのが自民党だったように思います。政策は時代や経済状況によって変わるものですが、政治理念や目指すべき国家観は簡単には変わらないもの。急造の政党は、その辺りがなかなか統一できなかったのでは?
写真は、当選の赤い薔薇にちなんだ写真を選んでみました。自民党には、人気取りではなく、政治理念や目指すべき国家観に沿った政治を期待します。政策的には、経済、外交・安全保障、教育!先ずはデフレ脱却・景気対策です。