心温かきは万能なり

先日のニュース番組からの抜粋になりますが、このコロナ禍にあっても自動車、電機などの製造業の業況は既にプラスに転じているんですよね。これは朗報です。しかし、一方で非製造業、特に対個人サービスや宿泊・飲食は大きなマイナスとなっています。特に飲食・宿泊はマイナス100が最低値なので、コメンテーターの指摘通り底辺に近い位置にあると言って過言ではありません。
同じ飲食でも、家族連れや個食が多い回転寿司や焼肉は健闘している印象ですが、酒宴や団体の宴席に頼る業態は厳しいと感じます。私も地元商工会幹部として、出来るだけ飲食業を支えられるように、そして地元経済を回すように配慮をしているつもりですが、これだけマスコミが「自粛警察」化して政治家や官僚を狙い撃ちすると、個々に感染対策を施して懸命にがんばっている飲食店への一層の悪影響も免れません。確かに立場の自覚が足りないケースもあったでしょうが、それらから感染者が出たケースも無いようですし…。以前の日本はもう少し寛容な社会だったような気がします。
誤解を恐れずに申し上げれば、余りにもコンプライアンスが厳しいと社会の活性化にはマイナスだと言われます。クルマのハンドルにも少し「遊び」が必要なように、社会にも寛容性が必要じゃないかなと感じる今日この頃です。
かつて鍵山秀三郎イエローハット創業者から贈られた大好きな言葉ですが、「心温かきは万能なり」。今日も周囲に温かい心で接する一日を!