人が生きる上で必要な繋がり

昨日は、強風が吹き雨も降ったり止んだりの生憎の天候でしたが、「江浚い」と呼ばれる農業用水の掃除が午前中に行われました。
我が班は、天候が荒れることを予測して前日の午前中、公民館清掃の後に江浚いをやってしまった為、昨日の午前中はゆっくりさせていただきました。
午後からは、班委員と環境協議会委員が集まって広安地内の農業用水や農道などの補修箇所を点検する検分が行われ、班の環境協議会委員として参加しました。やはり長年の経年劣化でコンクリート製のU字溝から水が漏れている箇所などが幾つかありました。今後、補修が検討されます。
このような地道な自治会活動が積み重なって地元コミュニティが維持されています。人口減少、高齢化で「繋がり」が見直される中、繋がりの原点を自治会活動に感じるのは自分も段々高齢者に近づいているからでしょうか?(笑)
今日も人が生きる上で必要な「繋がり」を大切にする一日を!