未来に心からエールを

先日、東京で「第52回全国ミニバスケットボール大会」が開催され、富山県大会を制した孫娘のチーム出町MBCも富山県代表として出場しました。富山県では敵無しでも全国の壁は厚く、結局全敗だったとのことですが、県大会後の北信越大会もコロナで中止になったこともあり、形は違えどもこのような形で全国大会が開催されたことは、孫娘たちにとって素晴らしい経験と思い出になったと確信します。
孫娘は、身長171cmと長身のセンタープレーヤーです。長身を活かしたディフェンスとリバウンド奪取が持ち味ですが、さすがに全国でも小学生で171cmの選手は珍しいらしく、試合終了後に取材を受けていたとか。この経験が孫娘の人生に大きな自信になったら嬉しいですね。孫娘の未来に心からエールを送ります。
人生二度なし!今日も素敵な思い出になるような記憶に残る一日を!