次世代のためにどんな国、地域を遺していけるかにエネルギーを注ぐ一日を!

おはようございます!
昨日は、富山県建設業協会砺波支部役員と砺波市・南砺市選出の県議会議員の方々との意見交換が川金で開催されて出席しました。今年はコロナ禍ということもあり、ゆっくりと県議会議員の皆さんとも話をする機会は限られておりましたが、昨日はゆっくりと話が出来て良かったと感じます。
保守分裂になった富山県知事選の事、先日終わった自民党総裁選の事、農林水産大臣に就任された野上浩太郎参議院議員の事など幅広い話題に花が咲きました。有意義な時間を共有できて良かったと思います。有り難うございました。
何度も申し上げておりますが、国のルール、国の形を決めるのは政治です。地域のルール、地域の形を決めるのも政治です。未来に多くの時間を持つ若い人たちに言いたいのは、税制を含め、生活に直結するルールを決める政治に無関心では、自分たちの未来を明るいものにしていくことは出来ないということです。政治に感心を持ちましょう!政治に自分たちの声を届けましょう!
立命館アジア太平洋大学学長の出口治明さんのベストセラー「還暦からの底力」には、人間は何のために生きているか?の問いの答えは、人間は次世代のために生きていると書いてあります。全く同感です。今日も後から来る次世代のためにどんな国、地域を遺していけるかにエネルギーを注ぐ一日を!
画像に含まれている可能性があるもの:3人、座っている人、テーブル、室内