今日も常に緊急感を持ち、最善の策を模索する一日を!

おはようございます!
昨日は、毎年恒例の富山県建設業協会砺波支部の地区対抗ゴルフ大会が南砺市のトナミロイヤルゴルフ倶楽部で開催されました。
このところ、9月に入ったというのに酷暑が続いておりましたが、昨日は比較的涼しい気温で楽しくプレーをさせていただきました。しかし、昼食後から天候は一転雷を伴う豪雨に。雨に遭ったのは1ホールだけでしたが、それでもずぶ濡れになりましたし、グリーン上が水浸しでパットが打てる状況ではなくなりました。
そんな中、森雄一実行委員長の素早い判断でコンペ中止が決定し、ハーフのスコアで順位を決定することになりました。福野地区は、全員がそれなりに健闘したものの、ハンディキャップに恵まれず全9地区(来賓チームを含む)で8位と惨敗。福野駅前のはな牛で本当の意味での反省会を開催し、来年の雪辱を誓いました(笑)。
この度の急な天候の悪化への森実行委員長の素早い判断は素晴らしいものでした。我々経営者は、時に予想もしない緊急事態に陥ることがありますが、常に緊張感を持ち、事態を早期に収拾しなくてはなりません。とてもいい教訓となりました。今日も常に緊急感を持ち、最善の策を模索する一日を!