国民の命を守る社会資本整備の強力な推進を願う一日を!

おはようございます!
昨日は、弊社の安全パトロールの日でした。本来は、弊社協力会である「アルカスグループ協栄会」の年間行事として協力会メンバー2〜3社と共に選定された現場5つほどを回って気づいた事を共有し、安全と品質の向上に繋げようというものですが、今年は新型コロナ対策で社内の人間だけで行われています。
とにかく、工事現場で多いのは墜落・転落事故です。そして、この時期は熱中症にも特に気をつける必要があります。また、先日行われた富山県農林水産部幹部と富山県建設業協会砺波支部役員との意見交換会の中でも指摘されましたが、架空線に対する安全対策に特に気をつけて欲しいとの声がありました。その辺りを重点的に現場代理人に要望して参りました。
そして夕方からは、富山県選出の与党国会議員の皆様と富山県建設業協会砺波支部役員との意見交換会が砺波市の川金にて開催されました。新型コロナの感染拡大によって5月に予定されていたものがようやく8月になって実現したものです。支部から要望書をお渡し、久しぶりに直接意見交換が出来てとても有意義な時間だったと思います。
国の国土強靭化3ヶ年計画も最終年度を迎えていますが、今年度も令和2年7月豪雨など大きな災害が起きています。引き続き、国民の命を守る社会資本整備の強力な推進を願う一日を!