今日も災害に強い国土づくりに使命感を持って取り組む一日を!

おはようございます!
昨日は、富山県土木部幹部と富山県建設業協会砺波支部役員との意見交換会が南砺建設会館で開催されて出席しました。
定期的に土木部と農林水産部の幹部との意見交換会を継続していますが、実に意義深いと感じています。意見交換が改善に繋がることも多く、この意見交換会の存在意義を実感しています。
しかし、20代の技術者不足や担い手不足が顕著な中、ICTの活用や週休二日制の導入などによって生産性向上を目指しているのは良く理解出来ますが、一方で書類が多過ぎるとか、本来提出義務の無いバックデータの提出を要求されるなどの声が今も現場から聞かれます。新卒者や20代の若手技術者が建設業に希望や期待を持てるように発注者と受注者が一層の相互理解を深め、協力して災害に強い国土づくり(国土強靭化)に資する社会資本整備を進めて行ける環境を創っていきたいものです。
今日も災害に強い国土づくりに使命感を持って取り組む一日を!
画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、屋外、自然