皆さん、災害に警戒を怠らない一日を!

おはようございます。
九州の豪雨被害が広がっています。大分県の日田市では、昨日の午後1時までの24時間で497ミリの降水量を記録したとか。「何百年に一回の災害が毎年来るような感じだ。」という被災者の声が近年の九州の現状を表していると思います。被害は九州北部にも拡大しており、引き続き警戒が必要です。
このところ、ライオンズクラブ国際協会の関係者からの電話が相次いでいます。もちろん、この九州豪雨に対するライオンズクラブとしての災害支援についての連絡です。今期、334-D地区のLCIF・ALERT委員長を仰せつかっており、地区ガバナー、前地区ガバナーと連携を取って334-D地区としての支援策を決定、実行していくことが求められます。これからガバナー対象のウェブ会議が開催され、そこでの方針を受けた形で11日に開催される334-D地区の第1回キャビネット会議において正式決定することになりそうです。
かくいう私の住む富山県でも強い雨が断続的に降り続いております。土砂災害や洪水に警戒が必要です。皆さん、災害に警戒を怠らない一日を!
画像に含まれている可能性があるもの:2人、テキスト