今日も地域になくてはならない事業を展開し、地域社会の問題解決に貢献していく一日を!

おはようございます!
昨日は、南砺市内の店舗兼住宅の地鎮祭に出席しました。お陰様で青空の下で開催出来ました。建設会社にとっては、竣工式よりも地鎮祭の方がこれから工事が始まるという高揚感と緊張感があって喜びも大きいものです。ぜひとも施主様に喜んでいただける工事を心がけていきたいですね。
さて、今日の写真は、昨日の地鎮祭の現場に掲げられた社旗と安全旗です。このロゴマークにCIして早いもので11年目を迎えています。ようやく「総合建設業」のアルカスというよりも「サービス付き高齢者向け住宅」のアルカス、「障がい者グループホーム」のアルカス、「宅地造成」のアルカス…というイメージが浸透して来ているのを感じます。異業種を見渡してみても「総合」と付く業界は苦戦しているところが多いと感じます。今後も「何でも屋」では無く、「特色のある尖った事業の集合体」を目指していきたいと考えています。
今日も地域になくてはならない事業を展開し、地域社会の問題解決に貢献していく一日を!
画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、屋外