今日も危機感をバネにして変化へのチャレンジを続ける一日を!

おはようございます!
勝手に続けている「ブックカバーチャレンジ」は、遂に41日目に突入(笑)。それでもまだまだご紹介したい本は山のようにあります。
本日は、平成30年度の弊社協力会「アルカスグループ協栄会」総会にて素敵な記念講演をしていただいた瀬戸川礼子さんの「いい会社のよきリーダーが大切にしている7つのこと」をご紹介します。瀬戸川さんは、日本中の「いい会社」を取材しておられるジャーナリストで、「ホワイト企業大賞」の委員もされている「いい会社」の目利きのスペシャリストです。高校の同級生の紹介で内外出版を介して記念講演が実現しました。ご縁に感謝です。
瀬戸川さんは、全国の旅館の女将さんの取材を続けておられて「女将さんのこころ」という書籍も出版されていますが、南砺市福光の松風楼の女将さん齊藤美華子さんも瀬戸川さんの取材を受けた女将の一人。せっかくの機会なので弊社協力会の記念講演にも来ていただきました。
弊社協力会での瀬戸川さんの講演では、全国の素晴らしいホワイト企業の取り組みが紹介されました。まだまだ努力が足りないことを改めて感じた次第です。大切なのは、目指す「在るべき姿」と現状のギャップを正しく見つめること。新型コロナで今まで隠されて来たものがどんどん炙り出されて来ています。国も地方自治体も企業も個人も変わっていくチャンスをもらったと受け止め、今日も危機感をバネにして変化へのチャレンジを続ける一日を!