今日も少しでも世の中の課題解決に貢献することに対する情熱を忘れない一日を!

おはようございます!
確か中学生の時だったと思いますが、書いた作文が評価されて読売新聞かどこかの主催するコンクールで評価されたことがあります。その時のテーマも遥か昔なので忘れましたが、「将来は世の中の課題を解決するのが夢である」と書いたことはハッキリと覚えています。
それから長い年月を経て大手証券会社営業マン、代議士秘書などを経て、今は建設業、不動産業、建設資材製造販売の企業経営者として日々奮闘している訳ですが、今も高齢者や障がい者を含めた誰もが活躍できる社会の実現を目指して世の中の問題解決を目的とした事業に情熱を燃やしています。
そんな中、とても印象に残った本がいくつかありました。今日の「ブックカバーチャレンジ」の20日目(笑)は「社会は変えられる」と「日本人の勝算」の2冊を紹介します。経済産業省現役官僚と元ゴールドマンサックスのアナリストだった中小企業経営者の著作ですが、共にとても勉強になりました。
今日も少しでも世の中の課題解決に貢献することに対する情熱を忘れない一日を!