感染拡大を抑えながら経済をどう動かしていくのか模索する一日を!

おはようございます!
ゴダイゴのギタリストとして活躍された浅野孝巳さんが亡くなったとの報に接して驚いております。実は、つい2〜3日前に偶然見つけた浅野さんのYouTube動画で「モンキーマジック」のカッティングを見ていたばかりです。衷心より哀悼の誠を捧げます。
さて、独自のルールで勝手に続けている(笑)「ブックカバーチャレンジ」の14日目は、かつてNHKの「プロフェッショナル〜仕事の流儀」にも登場された投資家 新井和宏さんの「持続可能な資本主義」を挙げたいと思います。この本は、弊社がスローガンとして掲げている「エンパワー経営」を共創している(株)行動科学研究所所長である岩田洋治先生から教えていただいたものです。「持続可能な資本主義」という考え方に強く共感しました。今後、世界はSDGsの考え方に沿って進まざるを得ないと思いますが、資本主義の在り方も持続可能なものへと変貌を遂げると確信します。
新型コロナという初めて経験する未知のウイルスとの闘いによって、今まで見えなかったものがどんどん炙り出されて来ました。特に新型コロナが日本人が長く「13億人の市場」中国に抱いていた幻想を粉々に打ち砕いたのは間違いありません。全体主義が民主主義より優れている?冗談じゃありません。共産党一党独裁国家が世界の覇権を握るのは悪夢以外の何物でもありません。日本の政治家、官僚には、ポストコロナを念頭に置いて国防とインテリジェンス(諜報)について認識を新たにして欲しいと願います。
まだ緊急事態宣言の途中ですが、富山県では少しずつ経済が動き始めたように感じます。そんな中、南砺市で新たなコロナの感染者が出たとか。まだまだ安心はできませんが、コロナの感染拡大を抑えながら経済をどう動かしていくのか模索する一日を!