今日も若い人たちの持つエネルギーや持っている力を引き出しサポートする一日を!

おはようございます!
昨日は、オークスセレモニーホール福光の竣工式が行われて出席しました。コロナの終息もまだ見えない中であり、感染防止に留意した少数による神事となりました。
いつも思うことですが、受注した時は本当にワクワクするのですが、竣工を迎えると本来はおめでたいはずなのにちょっと寂しい感じがします。大切なものを手放す感じですかね(笑)。オークスの藤井取締役によると、今度のホールはプロジェクションマッピングで映像を映し出す設備を備えているとのこと。ここでも技術革新が常識を変えていくようです。
コロナで今まで「当たり前」だったことがどんどん変わっています。変えなきゃいけないと言われていたにも関わらず、見て見ぬ振りをしていたことがこの国は多過ぎるのではないでしょうか。リーマンショックや東日本大震災もありましたが、それでもまだ平和ボケしていたということでしょう。そのそうなものがどんどんあぶり出されていると感じます。このコロナを機に変えていきましょう!非常事態じゃないと変えられないことは多いと思います。今はリスクをとってチャレンジする時です。
リスクをとってチャレンジ出来るのは、たとえ失敗しても取り戻せる若い力じゃないでしょうか。藤野英人さんの本にもありましたが、経営者だけでなく政治家にも若返りが必要です。今日も若い人たちの持つエネルギーや持っている力を引き出しサポートする一日を!