今日もコロナに負けるな!みんなでコロナの早期終息に団結する一日を!

おはようございます!
昨晩は「The Last Dance」1〜2話を見ました。見応えがありました。2度の3連覇を成し遂げたNBAシカゴ・ブルズの’97〜’98シーズンをマイケル・ジョーダンを中心に描いたドキュメンタリーフィルムです。6度目のNBAチャンピオンシップ制覇に至るまでの様々な葛藤や人間模様を描いています。
こうして振り返ってみると、NBAの歴史上でもベストチームと言われている当時のシカゴ・ブルズも’97〜’98シーズンは、かなりガタガタだったことが分かります。ピッペンとGMの不仲はたびたびニュースになっていましたしね。そのガタガタなチームがどのようにまとまっていくのか…。組織論の観点からも興味深いです。続きは来週。
’93〜’95の2年間アメリカのシアトル近郊に住んでいた私にはNBAのシアトル・スーパーソニックス、NFLのシアトル・シーホークス、MLBのシアトル・マリナーズの試合を観に行くのが楽しみでしたし、人生で一番ゴルフをしたのもプレー代が安かったアメリカ時代です。しかも、一番見ていたテレビ番組もスポーツ専門チャンネルESPNでした(笑)。シアトル近郊のベルビューカレッジを卒業した弟やシアトル大学を卒業した義妹もいますし、コロナが落ち着いたらですけど、いずれみんなでシアトルに行ってみたいものです。残念ながらシアトル・スーパーソニックスはオクラホマシティに売却されてありませんけど。
長引けば長引くほど経済的な打撃が大きいコロナ。人の移動、接触をとにかく抑えましょう。今日もコロナに負けるな!みんなでコロナの早期終息に団結する一日を!