今日もいい方の未来へ向かって見たくない現実、真実から目を逸らさない一日を!

おはようございます!
よくポジティブ思考とかプラス思考という言葉を聞きます。一見前向きで良い言葉に聞こえますが、見たくない不都合な現実、真実から人を遠ざける弊害もあるように思えてなりません。
この週末、東京都の小池百合子都知事は、不要不急の外出を自粛するように都民に要請しました。それに呼応して神奈川、埼玉、千葉、山梨という東京都に隣接する各県も東京への移動自粛を県民に要請しました。その他富山県なども呼応しました。多くの都民、県民はその事の重大性を認識して自粛に応じたと思いますが、それでもニュースに寄れば、繁華街の不特定多数が集まるところに大勢の若者が繰り出していた模様です。自粛疲れも指摘されていますが、特定されたクラスター以外で感染する人が増えている状況下、昨日は全国で一日だけで200人(東京都だけで63人)の感染者が増えました。首都圏の方々は特に甘く見てはいけません。
この現象は、人は見たい物だけ見て見たくないものを見ないという「確証バイアス」が働いているのだと思います。しかし、この確証バイアスは、正しい行動から人を遠ざけるだけでなく、人の成長や変容の機会も失わせます。人は自分に不都合な現実、真実を見るのは苦痛ですし、辛いです。心のスタミナを必要とします。不都合な現実、真実から目を逸らさない心のスタミナを普段から養っていきたいものです。
写真は、MS&ADインシュアランスグループホールディングスのテレビCMですが、新型コロナ感染拡大前からいいCMだと思っていました。今、特に印象に残ります。
さあ、今日もいい方の未来へ向かって見たくない現実、真実から目を逸らさない一日を!