今日からの国体競技が無事成功することを心から願う一日を!

おはようございます!
昨日は、第75回国民体育大会冬季大会スキー競技会「とやま・なんと国体2020」の開会式が南砺市福野体育館にて開催されました。
我々、南砺市商工会福野支部では、大会関係者に対して福野の特産品である里いもをふんだんに使った「里いも汁」を振る舞う為に福野飲食店組合の方々と共に午前中からスタンバイ。休みの日にも関わらず、総勢20数名が集まってくれました。
13時ごろから15時くらいまでは選手、大会関係者に。そして16時頃からは一般のお客様にも「里いも汁」を振る舞いました。大会をコーディネートしている(株)電通さんの指示で1,000食分用意しましたが、17時頃には全ての里いも汁が無くなりました。たくさんの各県から来られた選手の皆様、そして大会関係者から「美味しかった!」「温まります!」との声をいただき、お引き受けした甲斐があったと感じております。地元テレビ局や新聞社からの取材もたくさんありました。ご協力いただいた南砺市商工会福野支部の支部運営委員の皆様、そして福野飲食店組合の皆様、商工会職員の皆様、誠にありがとうございました。感謝です。
今日から競技も始まります。今日からの国体競技が無事成功することを心から願う一日を!