変えるべきところは変え、変えるべきでは無いものは守るという意識を大切にする一日を!

おはようございます!
昨日は、「第34回 富山県東京六大学OBの集い」が富山第一ホテルで開催されて出席しました。トータル280名のOBが出席されて賑やかでした。立教大学OBも昨日は50名の参加で幹事校の面目を保つことができました。
先に触れましたが、今回は6年ぶりに幹事校が立教大学ということで、何かお手伝い出来ることがあればと思って1時間くらい前には会場へ。6年前、私は総合司会を担当しました。しかし心配は杞憂で、富山立教会山口幹事長と宮崎先輩の下、大郷君、大屋君をはじめとする平成時代に卒業した方々が大活躍。素晴らしい準備が成されておりました。総合司会も今年は立教出身のチューリップテレビの女子アナ西さん。安堵しました(笑)。
例年ですと、各校の応援リーダーたちが来てエールの交換行われていました。それがこの富山県東京六大学OBの集いの醍醐味のひとつでしたが、今年はこの2月はなかなか時期的に厳しいとのことで、応援リーダー無しになりました。しかし、会場に懐かしの学食メニューの再現コーナーが設置されるなど、新しい企画が用意されていて楽しめました。お陰でカツ丼、カレーライス、醤油ラーメンなど懐かしの学食メニュー炭水化物系をちょっと食べ過ぎました(苦笑)。
全国を見渡しても、富山県東京六大学OBの集いのように大々的に開催されている地域は無いそうです。それだけにこの伝統を維持発展させていきたいという思いがしますね。不易流行という言葉がありますが、今後も変えるべきところは変え、変えるべきでは無いものは守るという意識を大切にする一日を!