人間の可能性を信じてより良い未来を創っていく一日を!

おはようございます!
日本がこんなに悪い国なんだと言わんばかりのニュースが大手マスコミやネットで踊っていますが、こんなランキングもあるんですよね。「世界最高の国ランキング2020」。なんと日本はスイス、カナダに次いで3位にランキング。ちなみに昨年は2位だったとか。
千代田区立麹町中学校の工藤勇一校長の言葉にもありますが、子供たちが「世の中まんざらでもない、大人って結構素敵だ」と感じることができる事はとても大切だと思います。もちろん、日本には不条理な事や矛盾、課題も多いですが、そんな負の側面ばかりではありませんよね。自分が生きていく社会を肯定的に見ることが出来ず、人間の可能性を信じる事が出来なければ、自律した大人に成長することは出来ないし、より良い未来を作っていけるわけがないとの指摘には大いに賛同します。まさにそこが学校教育の肝だと確信します。
「FACTFULNESS(ファクトフルネス)」という書籍がベストセラーになっています。思い込みやマスコミの刷り込みを乗り越えて、データを基に世界を正しく見ることを目的に書かれた本ですが、思い込みや刷り込みだらけの世の中だからこそ、確かな情報ソースを確保し、データを基に自分の頭で考えたいものです。
今日も負の側面から目を背けることなく、一方で世の中を肯定的に見ながら人間の可能性を信じてより良い未来を創っていく一日を!