今日も時代の変化に対応し、過去の延長線上に無い未来の創造にエネルギーをかける一日を!

おはようございます!
昨日は、年内最後の南砺市商工会福野支部運営委員会を花ごぜんで開催しました。運営委員の皆様には、今年も福野支部の事業にご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございました。お陰様でどの事業も盛況でした。
残すところ、今年の大きな行事は27日に開催される「歳の大市」のみとなりました。古くから「市の里」として知られる福野ですが、住民のライフスタイルの変化によって歳の大市も年々変化を余儀なくされています。天候にも左右されますが、たくさんの人出で賑わうことを期待しております。
また、2月16日に開催されます「なんと国体2020開会式」で南砺市商工会福野支部が「里いも汁」を振る舞うことになっております。ぜひとも福野の特産品である里いもを国体関係者にご堪能いただければと思います。
写真は、今年11月23日(祝)に開催された「第34回福野のごっつぉ里いもまつり」の写真です。今年は、特に里いも汁が美味しかったとご来場いただいたお客様から評判でした。来週、この「里いもまつり」の反省会を開催します。実行委員の皆様のフィードバックを受け止めて、今後も持続可能で一層お客様に喜んでいただけるイベントにしていけるようにゼロベースで検討したいと考えております。
今日も時代の変化に対応し、過去の延長線上に無い未来の創造にエネルギーをかける一日を!