今日も素敵な一日を!

おはようございます!
先週、NHKスペシャルで首都直下地震が起こったことを想定して作られた「パラレル東京」というドラマが4日連続で放映されました。録画して一気に観ましたが、リアル感が凄かったですね。まさに我々の盲点が炙り出されており、如何に自分たちが普段から「自分は大丈夫だろう」という甘い感覚であるかを痛感させられました。
30年以内に70%の確率で起こると言われている首都直下地震。首都機能移転もかなり前から議論されていますが、政府が本気で取り組んでいるとは思えませんし、首都圏に住む多くの人々にも危機意識はまだまだ低いと思わざるを得ません。日本の首都ですから東京がマヒすれば、直接の被害と共に経済やマーケットに与えるインパクトも大きい訳で、地方に住んでいるからと言っても大きな影響がある事は間違いありません。もう一度、「我が事」として想像力を高めて打つべき対策を可及的速やかに推進しなければならないと感じます。国民に危機意識を植え付ける意味で「パラレル東京」は意義あるドラマだったと評価したいと思います。
さて、忘年会シーズンですね。昨日のニュース番組で、飲食店のドタキャンについてコメンテーターが語っていましたが、キャンセル被害額は約1兆6,000億円にも上り、そのうち無断キャンセルが約2,000億円だそうです。日本のサービス業の生産性が悪いとか言われていますが、キャンセルを減らすだけでも大きく生産性アップにつながりますよね。これはまさに死活問題です。皆さん、どうしてもやむを得ない場合はともかく、飲食店のキャンセル、特にドタキャン、無断キャンセルはやめましょう。
今日も皆さん、忘年会シーズンですが、楽しく明るい酒を飲みましょうね。今日も素敵な一日を!