「今ここ」にエネルギーを注ぎ、ベストを尽くす一日を!

おはようございます!
昨日は、仕事の後、南砺市福野庁舎で田中幹夫市長もご出席の下、福野地域審議会が開催され、南砺市商工会福野支部長として参加しました。
第2次南砺市総合計画の将来像について意見を交わした他、庁舎統合に伴う各課移転スケジュールについて、市が事務局機能を担っている各種団体事務の方向性について、令和2年度からの組織機構改革についての説明が市当局からありました。
今年で300数十億円の合併特例債が切れる南砺市。少子高齢化が進む中、財政的にも厳しい状況に置かれるのは確実。先ずは、第1次総合計画の総括を入念に実施し、そこから導き出される事実を「見える化」して市民と共有することが大切だと思います。それを元に市民(特に30代を中心とした将来ある若者)の意見を聞いて欲しいと思います。既に若い人たちの意見も様々な形で聞いているようではありますが、我々民間企業では欠かせない事業計画の総括がPDCAを回すという意味でも先なのではないかと感じています。是非とも市当局には、総括の内容が解る資料の作成を急ぎお願いしたいと思います。
今日も明日の地域社会を良い方向に導く為にも責任ある立場にある我々の世代が「今ここ」にエネルギーを注ぎ、ベストを尽くす一日を!