今日も明るい未来を自らの行動で手繰り寄せる一日を!

おはようございます!
昨日は、一般社団法人福野アソシエイツが主催した設計事務所と建設業を対象とした勉強会に出席しました。

講師は、(株)エネルギーまちづくり社代表取締役で一級建築士・省エネ建築診断士の竹内昌義さん。高気密・高断熱の建物を供給していくことにより、地球温暖化により懸念される大規模な難民問題やホルムズ海峡を通って来る日本のエネルギー問題の解決にも貢献し、化石燃料に頼らない豊かな日本を実現できるということを実感する勉強会になりました。

弊社は、平成7年にアメリカのシアトルに支店を作って輸入部材を直接輸入し、高気密・高断熱の建物建設に着手しました。その後、輸入部材から国産部材へと変更するなど形を変えながらも、夏涼しく冬暖かい高気密・高断熱の建物を普及させて光熱費が少なくて済み、ヒートショックの無い健康的な生活を一貫して提案して参りました。

昨日の竹内昌義さんのお話をお聴きして弊社が長年提案、提供して来た建物のコンセプトは間違っていなかったと改めて確信出来ました。弊社には既にノウハウと実績があります。一般住宅だけでなく、公共施設にも高気密・高断熱の建物を導入し、環境問題とエネルギー問題の解決に向けての取り組みを加速する必要があると確信しました。

故郷である福野に地域の未来に本気で取り組んでいる若者がたくさんいることは宝です。彼らの情熱とやる氣をサポートし、日本を福野から変える!くらいの実績を創りたいものです。今日も明るい未来を自らの行動で手繰り寄せる一日を!R1.7.24