今日も皆さん、気分爽快で素敵な一日を!

おはようございます!
私が90年代半ば、アメリカのワシントン州ベルビューに住んでいた頃は、MLBのシアトル・マリナーズも強くなりかけていましたが、特にNBAのシアトル・スーパーソニックスが全盛期を迎え、ゲーリー・ペイトンとショーン・ケンプを軸にしてプレーオフの常連でした。シーズンチケット(7ゲームズパック)を買ってよく試合を観に行ったものです。

しかし、そのシアトル・スーパーソニックスも、その後オーナーになったスターバックスコーヒー創業者のハワード・シュルツ氏がオクラホマシティの投資家にチームを売却。OKCサンダーに変わり今に至っています。

そのOKCサンダーには、シアトル・スーパーソニックス時代にドラフトで入団したケビン・デュラント、ラッセル・ウェストブルック、そしてサンダーになって初のドラフトで入団したジェームズ・ハーデンというビッグ3(写真)が揃い、チームはどんどん力を付けてNBAファイルまで進出する飛躍を遂げました。しかし、その後、ハーデンはロケッツにトレードされ、デュラントは、ウォリアーズに移籍。このビッグ3はバラバラになってしまいました。

このオフ、有力な選手の移籍が相次いでいます。勢力図は大きく塗り替えられ、NBAはまさに戦国時代へと突入した感があります。デュラントは、ウォリアーズからネッツに移籍。ウェストブルックもサンダーからロケッツに移籍しました。久しぶりにハーデン、ウェストブルックが同じユニホームを着ることになります。果たして二人のMVP…両雄は並び立つのでしょうか?ウィザーズに入団した八村塁選手の活躍も楽しみですが、元シアトル・スーパーソニックス、OKCサンダーのビッグ3の活躍も楽しみです。

今日も皆さん、気分爽快で素敵な一日を!R1.7.14