やすらぎ荘 竣工式

おはようございます!昨日は、南砺市が整備を進めていた特別養護​老人ホームやすらぎ荘の竣工式が暑い気温の中で開催されました。​総工費18億円を超えるビッグプロジェクトでした。田中市長から​は、工事を担当した各企業に対して労いの言葉と感謝状の贈呈があ​りました。
建築主体工事を一部上場企業の川田工業と弊社アルカスコーポレー​ション、そして中越鉄工の3社JVで担当させていただきました。
お聞きしますと、やすらぎ荘の待機者が100名ほどおられたよう​ですから、この新しい施設の完成で現在待機されている方々はほぼ​入所されることになると思います。大変素晴らしいことです。
ご存知のように、介護保険の財源の問題で特別養護老人ホームは総​量規制の対象になっており、今後はなかなか新規の整備が難しい状​況です。だからこそ、民間がコラボして土地活用のビジネススキー​ムによってその代替となるサービス付き高齢者向け住宅を供給して​いくニーズが高いと感じています。
最近の試算では、2035年までは高齢者はどんどん増え続けます​。独居老人、老々介護、家族の介護疲れ…。難問は山積みです。新​しい試みには困難は付き物ですが、リーズナブルな費用で住んでい​ただける介護サービス付きの高齢者向け住宅の供給に志を高く持っ​て挑戦していきます!
この週末も今ここにベストを尽くし、手応えを感じながら生きてい​きましょう!