「意識する!」

  今日は7月2日。全体朝礼ということもあって意識して早めに会社に来たら一番乗りであった。すがすがしい気持ちで会社に入り、月の最初の日であり。また安全週間の実施される月ということで、まず会社の神棚に拍手を打って工事の安全、社員・社員家族の安全等を祈願してから気持ちよくトイレ掃除をさ せていただいた。トイレ掃除は、これで13年目になるが何気なくやるのでは全く進歩が無い。今後も常に意識的に改善点を探してやっていきたいと感じている。


  先日、福島正伸先生のお話を久し振りに聴く機会があった。以前、福島先生の講演を聴いた人も社員の中にはいると思うが、今回も大変素晴らしい講演であった。
特に印象に残っているのが、「意識する」という言葉である。現在、学ばせていただいている岩田静治先生のPEP(パーソナル・エンパワーメント・プログラ ム)でも常に言われていることであるが、何気なく生きる(無意識的に生きる)ことほどつまらない生き方は無い。ワクワクしながら、感謝しながら生きる姿こ そが理想の姿であり、常に自分が・・・部署が・・・会社が・・・どうあるべきか、どうあったら周りが幸せかを意識して欲しい。
何故か?夢は一人で叶えることは難しい。他人の力があってこそ実現できる。そのためには、他人のために先ず自分が動くことが大事であり、他人をやる気にさせるために行く場が会社である、ということだ。

 以下の社訓
・常にお客様・パートナーに関心を向け、相手のして欲しいと思うことを実践します
・常にお互いを尊重し、認め、感謝の心でつながります

にもあるように、自分のして欲しいことを先ず相手にいてあげること。これは、黄金率(ゴールデン・ルール)とナポレオン・ヒルが言っている人生の必勝哲学であり、逆に言えば、自分がして欲しく無いことは他人にはしないということである。
「責め心の無い厳しさ」と「馴れ合いでない優しさ」を持って常に意識的に他人のためを思って行動することが一人一人に求められており、決して何気なく、無意識的に生きてはいけない。