今日もドキドキワクワクの空気感いっぱいの一日を!

おはようございます!
昨日は、(株)行動科学研究所の岩田洋治・尚子ご夫妻をお迎えしてのアルカスエンパワメント研修の日でした。

昨日は、新たに営業部3人と総務部から1人を新たに迎えて開催されました。このアルカスエンパワメント研修は、社員一人一人の本来持つ力(エネルギー)を引き出し、それを会社の課題解決や成果を達成するために発揮させることを目的としています。昨日もいろいろなワークを通じて会社の課題を浮き彫りにして解決策を探っていきましたが、上司の顔色を恐れることなく何でも言い合える空気感が大切であり、そういう意味では昨日の研修は凄くエネルギーレベルの高い空気感だったと思います。今後の展開が楽しみです。

社長として何が一番嬉しいか?と問われれば、会社の業績が好調な事はもちろんですが、私が喜びを感じるのが社員の成長を実感できた時です。今後もアルカスグループは、スローガンである「エンパワー経営」を推進し、社員のエンパワメントを実現して成長、変容を成し遂げていきます。

「企業は人なり」と言われます。人手不足、担い手不足が言われて久しいですが、突きつけられる「働き方改革」の課題に対して社員のエンパワメントで解決策を実現していきます!今日もドキドキワクワクの空気感いっぱいの一日を!R1.6.28.1R1.6.28.2