今日も地球が望んでいることを実現する為に我々が出来ることからチャレンジする一日を!

おはようございます!
昨日は、一般社団法人 富山県産業資源循環協会(旧 富山県産業廃棄物協会)の総会ならびに法人化三十周年記念式典・記念講演・記念祝賀会に出席しました。

総会の司会を担当したのは、従兄弟の岩崎大輔パイオニア建設(株)社長。重責を果たしておりました。また、功労者表彰では、(株)南砺工業所の上埜慎也君や北陸ポートサービス(株)の加治幸大さんが受賞されました。おめでとうございました。

記念講演は、立山カルデラ砂防博物館の飯田肇さんによる立山の氷河に関するお話でした。立山の自然の素晴らしさを実感し、富山県に誇りが持てるお話でした。

やっぱり富山県は魅力的な県ですね。北陸新幹線が開通してから「金沢一人勝ち」と言われていますが、富山県の魅力を上手に伝えていくことが大切だと改めて感じました。先ずは、富山県民が富山県の魅力を実感、体験することが大切かもしれません。

天然資源に乏しいと言われる我が国。循環型社会の実現は急務です。今日も地球が望んでいることを実現する為に我々が出来ることからチャレンジする一日を!R1.6.21.1R1.6.21.2