今日も大きな志を実現するためにも強い欲求を忘れない一日を!

おはようございます!
10連休と言われた今年のゴールデンウィークも今日が最終日ですね。休めた人も仕事だった人もどちらもいらっしゃると思いますが、どちらにしろ「今ここ」にベストを尽くす意識を持ってどれだけエネルギーを投入したかが問われると感じます。

さて、中学2年生の時に「成りあがり」という著書を読んで以来、その生き様に教えられることが多いのがロックシンガーの矢沢永吉さんです。今年70歳を迎える矢沢さんですが、5月1日の令和初日、読売新聞と日経新聞に一面広告を載せて「ROCK MUST GO ON」ツアー開催決定のお知らせと共に「STILL ROCK SINGER=生涯現役」宣言されました。その宣言は、まだ小学生の姪っ子の心をも掴んだようで、当日の日経新聞を読んだ姪っ子は、将来弁護士になって多くの人々を助けたいと大きな志を文章にしていました。

今、令和の時代を迎えて多くの日本人に必要なのは、昭和の時代に多くの人々が持っていた「〜になりたい!」「〜がしたい!」「こんな暮らしがしたい!」みたいな強い欲求、生命力、サバイバル力みたいなモノじゃないか?と感じています。自分探し?so what?平成の間にもぎ取られた牙を再度日本人は磨く時が来たのではないか?「お前はどうだい?立ち止まってはいないかい?」という矢沢さんの問いかけは、今自分たちに何が問われているのか?を見つめ直す良い機会だと思います。

今日も大きな志を実現するためにも強い欲求を忘れない一日を!1.5.6.11.5.6.2