今日も人に光を当てる一日を!

おはようございます!
昨日の夜は、NFLのスーパーボウルを録画して観戦。2000年代最強と呼ばれるニューイングランド・ペイトリオッツがロスアンゼルス・ラムズを13-3で下して6度目の制覇を成し遂げました。第4クォーター残り10分までは3-3の接戦でしたが、そこからがペイオリオッツの強さが際立った試合だったと思います。

ペイトリオッツQBのトム・ブレイディは既に41歳ですが、まだまだ衰えを感じませんでしたし、ディフェンスが攻撃力のあるラムズにまともな攻撃をさせませんでした。ブリッツでQBゴフにプレッシャーをかけ続けてパスの精度を奪い、RBガーリーのラン攻撃をほぼ完璧に封じました。これは名将ベリチックHCとコーチ陣のベンチワークの勝利と言えるかもしれません。ペイトリオッツ強し!を実感するスーパーボウルでした。

かつてアメリカへ渡った1993年頃、ニューイングランド・ペイトリオッツとシアトル・シーホークスがNFLで最弱チームでした。惨めなくらいに弱かったです。それから比べると正に隔世の感があります。ペイトリオッツを見ていると、弱小チームでもいいリーダーの下に「人」が集まると最強のチームを創ることが出来ると感じます。

「企業は人なり」。なかなか中小企業は「人材」を思うように獲得出来ませんが、ご縁があって入社した社員を「人財」に磨き上げるように努めていきたいものです。今日も人に光を当てる一日を!31.2.5.131.2.5.2