今日も報恩感謝の気持を忘れない一日を!

おはようございます!
昨日は午後から報恩講でした。浄土真宗の重要な行事である報恩講は、開祖親鸞聖人のご命日の頃に浄土真宗の僧侶が門徒の家を回って行う法要です。毎年、報恩講を迎えますと、何とか無事に1年過ごすことが出来たことに自然と感謝の気持が湧いて来ます。浄土真宗と言えば「他力本願」。決して「他人任せ」という意味ではありません。自分の解釈としては「人事を尽くして天命を待つ」ということだと思っています。今後も全力でバットを振り続けたいですね。

夕方からは南砺市商工会福野支部運営委員会を開催し、併せて忘年会も開催しました。和気藹々の空気感が漂う明るい忘年会でした。やはりチームワークを築く為にも懇親会という場は大事です。しかし、さすがにこの時期、毎日のように続く宴席は健康の為にも勘弁して欲しいですけどね(苦笑)。

今年もいろいろなイベントをやって来ましたが、何とか無事に乗り越えられたのも南砺市商工会福野支部の皆様のご協力のお陰です。ありがとうございました。今日も報恩感謝の気持を忘れない一日を!

30.12.15① 30.12.15②